薬剤師の適正年収を決定するポイントとは

転職の際に今よりも年収を上げたいと思っている薬剤師は多いでしょう。実際に転職をしただけでは年収アップは期待できません。まず、適正年収がどのようにして決められているのかを知る必要があります。そうすることで自分の適正年収を把握することができ、客観的に目指している年収を分析することができます。

適正年収を決定する2つのポイントがあるので紹介したいと思います。まず1つ目に個人のスキルや管理職の経験の有無です。

病院や薬局というのは医療機関であり、当然のことですが利益を出さなくてはいけません。利益を出さないとどうなるのかというと、医薬品も医療機器も変えなくなり、人材を雇うことが困難になります。そうなると医療サービスの質が低下し、最終的には患者さんに提供できるものがなくなってしまいます。

となるとやはり個々のスキルが求められ、何のスキルもない人には高額な給料を出すわけにはいきません。管理職の経験があるということはレベルの高い仕事ができるという証明になりますし、年収を決める上での重要な判断基準となります。

ですが管理職の経験があるのは一部の人だけですよね。ごく当たり前の調剤業務をしっかりこなすことができ、今までの経験をアピールできれば年収が上がる可能性があります。

企業から薬局に転職する場合ならたくさんの医師を相手にしてきたことや、売上をアップさせた実績などを存分にアピールすると注目されるでしょうし、それだけの給料が期待できます。経験以外にも薬学に関する知識やマネジメント能力、柔軟な思考なども判断要素になることを覚えておいてください。

2つ目には薬剤師の需要と供給によっても年収が決定されます。都市部では年収が下がり、地方に行くと上がる傾向にあります。地方のほうが人材が不足しているので薬剤師の需要があるというわけです。 都市部でも異動や転勤、休日に対して何でも応じる姿勢があれば年収アップが期待できます。

ページの先頭へ