薬剤師が簡単に給料をアップさせる方法

薬剤師なら誰でも簡単に給料をアップできる方法があることをご存じでしょうか。薬剤師といっても薬局での経験があるといいですね。

そのアップさせる方法とは地方の僻地に転職することです。実は都市部にいけばいくほど薬剤師の給与は低くなる傾向にあります。反対に地方の僻地であるほどに初任給からかなり高い給料が設定されているのです。

新卒薬剤師の初任給でも年収600万円+住宅費なども負担してくれるという高い待遇が期待できます。能力よりも薬剤師免許を持っているというだけでもこれだけ高い給料が出るというから驚きです薬剤師の平均年収は500万円なので、それと比較してもかなり高いことが窺えます。

なぜ地方のほうが圧倒的に高いのかというと、1番に高い給料を出してでも薬剤師がほしいと地方薬局は思っているからです。

もし管理薬剤師の経験があったり、何十年も薬剤師経験があるというなら転職をして年収を上げたいという人は少ないのではないでしょうか。そのような人であれば転職せずに今の会社を続けたほうが無難だと言えます。

しかし地方の僻地に行けば簡単に給料が上がるからといって雑に仕事をしてはいけません。やはり利益の出せる人材である必要があります。

例えば
・地域のセミナーを開いて地元の人の信頼を獲得し、処方箋を増やす
・高齢者向けの施設へ営業に行き、処方箋枚数を増やした

などの売上に貢献できなくてはいけません。

ただし、地方ならどの薬局でも高い給料が期待できるというわけではなく、例外もあります。大手チェーンはあまり旨みを感じられません。例えば現在も大手チェーンで働いており地方に転勤になったとしても給与形態は変わらないからです。

特に僻地手当というものはないので、全国展開の薬局の場合は求人情報をよく確認する必要があります。一方では給料が下がってもいいと思えることも大切だと言えるのではないでしょうか。薬剤師は免許さえあれば転職ができるという強みがあるので、給与以外にも希望が叶う職場を探すことができます。

ページの先頭へ