高収入が魅力の薬剤師転職

給料が高い仕事といえば、どういったものを思い浮かべるでしょうか。よく言われるのは、医師や弁護士ですよね。薬剤師も様々な職種の中で給料が高い仕事として知られています。

一般的な会社員と比較をしたとしても高い給料が期待できるので、これも薬剤師を目指す人が多い理由の一つだと言えるでしょう。しかし、薬剤師不足の時代は近々終わってしまうのではないかと言われているのも事実です。

数年前までは薬剤師不足が騒がれていましたが、薬剤師という仕事が広く知られるようになり、資格を得るために国家試験に挑む人は増えてきています。これにより、近々薬剤師が余るような時代になってしまうと噂されているのです。

薬剤師という資格を活かして働くことができるのであれば確かに高収入が期待できますが、なかなか資格を活かして働ける場所が見つからず、薬剤師とは関係がないような職場で働いているという人もいるようです。

それから、どれくらい稼ぐことができるのかというのは、どこで働くことができるのかという点に大きく左右されると思っておいたほうがいいでしょう。薬剤師が活躍できる職場は病院の他にもドラッグストア、薬局、製薬会社など、たくさんの種類がありますよね。

これらの中で高収入が期待しやすい職場といえば、製薬会社です。その中でもMRという仕事は、がんばり次第ではかなりの高収入が期待できると言えるでしょう。

ただ、努力が評価される仕事として知られているため、MRとして働くことができればそれだけで高収入が約束されるというわけではありません。ですが、薬剤師の資格を活かして高収入を狙いたいのであればMRで働くことを考えてみてはどうでしょうか。

病院はそれほど高収入が期待できないと言われることが多いのですが、ベッド数が多い病院であれば高収入を狙うことも可能です。ただ、求人情報を比較し、収入を重視して職場選びをしたところ、結局環境が合わずに辞めてしまったという人もいるようなので、収入以外の点も確認しておかなければなりません。

ページの先頭へ