円満退社で転職を成功させるには?

転職を決意したのであれば、現在勤めている職場になにかしらの不満を抱えているのかもしれません。しかし、現在の職場を円満で退社する事は新天地でのスタートに不可欠ですね。「立つ鳥跡を濁さず」です。円満退社で、清々しく新しいスタートを切りましょう。

職場を円満に退社するためには、その伝え方にあります。ここでは、“退社の意思の伝え方”について特に注意したいポイントを紹介しておきます。

まず大切なのは、“いつ伝えるか”ではないでしょうか。法的に、退社の意思は2週間前に伝えるべきであるとされています。勤務する会社によっては“○○まで”と独自に定められているケースも珍しくありません。もちろんその規定に乗っ取った時期に伝える事が重要ですが、引き継ぎ業務などの事情を考慮すれば出来るだけ早く伝えるに越した事はありません。遅くとも1ヶ月前には退社の意思を伝えるべきではないでしょうか。

また退社の理由も見直しておきましょう。正直に話せば「給料が安いから」「人間関係が悪い」などになるかも知れません。ですが、これらマイナスな理由を正直に伝えて、果たして円満な退社ができるでしょうか?

嘘をつく必要はありませんが、言い方を変えて出来るだけポジティブな内容にしておきましょう。転職の理由がマイナスな場合、転職活動においても不利になる可能性があります。あなた自身が納得できるプラスな転職理由を決めておく事は、円満退社はもちろん転職活動の成功の鍵となるはずです。

また、どんな理由であったとしてもほとんどの場合は引き止めがあるかと思われます。揺るぎない理由を持つ事はこれらの引き止めをクリアするためにも重要なポイントとなります。

さらに“退社の意思を誰に伝えるのか”という事も重要です。うっかり同僚に話してしまいがちですが、まずは直属の上司へ伝えて下さい。同僚に相談していた退社の話が、噂で上司の耳に届くというケースもありますが、印象は大変悪くとても円満退社には繋がらないでしょう。

あなたが退職するとなると、多かれ少なかれ職場には負担が掛かるはずです。その負担を出来るだけ軽減し、両者にとってわだかまりの残らない退社を心がけましょう。

ページの先頭へ