薬剤師バイトは他力本願で理想の環境を見つける

薬剤師として働きたいというのであれば、色々な手段で求人を確認することができます。新聞にも数多く掲載されているほか、フリーペーパーなどでも募集をかけている薬剤師バイト。しかし、それ以上に魅力的な条件が提示されている環境が存在します。

インターネットで簡単に登録することができる求人サイト。こちらは無料で利用できるだけでなく、条件に合わせて絞り込みができるという点も魅力の一つです。さらなる魅力が感じられる非公開求人も多数存在する求人サイトは、薬剤師バイトのバリエーションも豊富です。

こうした情報は自分で選択することもできますが、現在は自分の情報を登録しておくだけで、希望に沿った条件で求人情報を探してくれるサービスが存在します。つまり、自分の情報を登録して、どのような条件で働きたいかを入力するだけで、サイト側が条件に見合ったものを選択して情報提示を行ってくれるのです。

企業側にとっても働く側にとっても、お互い理想的な人材をマッチしてくれるこのシステムは、多くの薬剤師パート求人を活性化させる起爆剤となっています。一般的には出回ることが無いような魅力的な待遇の条件も含めて、自分が最高だと思える環境を追求した仕事探しができるからこそ、多くの薬剤師が登録しているのではないでしょうか。

多くの求人が存在する薬剤師バイトは、自分で苦労して探す時代ではなく、理想に合わせた環境をコンサルトしてもらう時代なのです。つまり、他力本願で理想的な状況がつかみとれる時代へと移行しています。

人材紹介というシステムは職種を限定せずに行っているところもありますが、薬剤師に特化したところも現在では存在します。その場合には、薬剤師が現場で活躍するためのみの情報が掲載されているので、魅力的な条件を探すことも容易です。

費用もかからず最短で理想的な環境が探せる求人サイトであれば、薬剤師バイトとして働きたいと心から思える環境を探し出すにも、労力を割くことなく実行できます。

薬剤師のやりがいって何?

どんな仕事にもやりがいというものがあります。 やりがいを感じる部分は人それぞれですし、他の人がやりがいを感じていても、自分は感じないということもあります。

薬剤師も同じで、やりがいを感じる人と感じない人がいます。 「やりがいなんて重要ではない」と思われる人もいるかもしれませんが、そうではありません。 やりがいを感じないことで、自分には向いていないのではないかと思ってしまうこともあるのです。

調剤薬局や病院薬局など、主に薬を調剤する職場の場合、雑用などもありますが、医師の指示通り薬を調剤するということが主な業務となっています。 淡々と薬を調剤していくだけの作業は、退屈だったり、嫌気がさしてきたりもします。

もちろん、淡々とした作業が好きな人は、そんなこと思わないかもしれません。 ただ、薬剤師の中にはそう思う人もいるということです。 特に調剤薬局の場合は、狭い空間の中で業務をこなしていくことになりますから、業務に関することだけでなく、人間関係の煩わしさも目立ってきます。

退屈だし、人間関係はめんどくさいしってなると、働くことが嫌になってきます。 しかし、同じような業務をしていて、同じ環境にいるのに、とてもイキイキと勤務している人もいます。 自分と同じ状況なのに、なぜ楽しそうに働くのかわかりますか?

それは、その人がやりがいを感じているからです。 やりがいを感じるだけで、人って楽しく働くことができるんですよ。 では、薬剤師のやりがいって何でしょうか?

薬剤師は、医師のように自分の判断や自分のスキルで、患者さんの病気や怪我を治していくわけではありません。 なので、患者さんの病気を完治させた!という部分でのやりがいは感じにくいと思います。

しかし、患者さんにとっては、薬剤師が調剤してくれた薬があったからこそ、症状が良くなったと思っています。 薬剤師に感謝している患者さんって、自分が思っている以上に結構多いのですよ。

患者さんにありがとうと言われ、自分が出した薬によって、体調が良くなった、病気を治すことに貢献できたということが薬剤師のやりがいではないでしょうか?

感謝されることはやりがいに思えない人もいるかもしれませんが、感謝されることでやりがいを感じている人は多いのです。 やりがいを感じると一気に仕事が楽しくなると思いますので、日々の業務の中から自分だけのやりがいを探してみてはどうでしょうか?

薬剤師の年収相場ってどれくらい?

薬剤師は、正社員はもちろんですが、パートとしても勤務することができます。 パートは他の職種よりも時給が高く設定されているということは、結構知っている人も多いですが、正社員の場合はどうなのでしょうか?

まず、正社員で勤務する場合は職場によってかなり差があります。

では、平均ではどのくらいもらえるのかというと、ボーナス込で530万円程度が相場だそうです。 月収にすると37万円前後になります。 時給にすると2100円以上になりますが、そう考えると、正社員とパートってあまり時給が変わりませんね。

ただ、ボーナスがありますし、フルタイム勤務ですから、正社員の薬剤師の方が年収は高くなります。

また、ここ最近は薬剤師の年収が上がってきているようで、安定もしていますし、年収に関しては魅力的ではないでしょうか? パートとあまり時給が変わらないとはいえ、新卒でこれくらいもらえますし、そう考えると圧倒的に周りより多く貰えていることになります。

では、どの職場でどれくらい年収がもらえるのかご紹介します。

まず、医薬分業で近年増えてきている調剤薬局の場合は、400~650万円以上が多いようです。 調剤薬局と同じくらい薬剤師が多いドラッグストアでは、400~750万円以上もらえるようです。 400万円程度からスタートするのは同じですが、最高額には結構差がありますよね。

これは、ドラッグストアの場合、しっかりとキャリアアップできる道のりが準備されているからです。 頑張って確実にステップアップしていくことで、チェーンによりますが、最終的には750万円以上もらえるようになることも夢ではないのです。

一方、高収入な印象のある病院ですが、以外にも400~600万円以上と、調剤薬局よりも少し相場が低めになっています。 キャリアを積んだところでなかなか昇進できないのが理由のようです。

そして、製薬会社の場合は、300~800万円以上と企業によってかなり差があります。 ただ、基本的には高収入で好待遇なので450万円程度からスタートすることが多いようです。 しかし。採用率も低い上に競争率は激しいくなっています。

このように薬剤師の給料は、職場によってかなり差があるのです。

ページの先頭へ